南シナ海で米軍が航行の自由作戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 【ワシントン共同】ロイター通信は24日、米海軍が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島のミスチーフ(中国名・美済)礁で、中国が造成した人工島の12カイリ(約22キロ)内に艦艇を派遣する「航行の自由」作戦を実施したと報じた。複数の米政府当局者の話としている。今年1月のトランプ政権発足後、同作戦実施は初めて。

 中国の一方的な主権の主張をけん制する狙い。中国が「領海侵犯」だと反発して南シナ海の軍事拠点化を加速させる可能性もあり、米中間の緊張の高まりが予想される。

 ミスチーフ礁は、フィリピンの排他的経済水域内にある。