大相撲、前売り券の発売開始 7月の名古屋場所

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 名古屋市内の中日サービスセンターで始まった大相撲名古屋場所の前売り券販売=25日

 7月9日に初日を迎える大相撲名古屋場所(愛知県体育館)の前売り券の販売が25日、始まった。名古屋市内の中日サービスセンターでは販売開始の午前10時には相撲ファンら約200人がお目当ての席を求めて列をつくった。

 売り場にはファンサービスのため大島親方(元関脇旭天鵬)が訪れ、チケット購入者との握手や写真撮影に応じた。「これだけ集まってもらってありがたい。(名古屋場所では)新しい大関が見られるかもしれない。面白い場所になるんじゃないかな」と期待した。

 列に並んだ愛知県豊田市の主婦磯谷好美さん(43)は「いい席を取って近くで見たい。楽しみです」と話した。