都議選公約に子ども受動喫煙防止 小池氏側、条例化掲げる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「都民ファーストの会」の受動喫煙防止対策について説明する東京都の小池百合子知事=5月25日午前、都庁

 東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める「都民ファーストの会」は25日、都議選(7月2日)で公約に掲げた受動喫煙防止対策の詳細を発表した。家庭内などでの受動喫煙から子どもを守るための条例と、公共施設や飲食店の屋内を原則禁煙とする罰則付きの条例の制定を盛り込んだ。

 対策では、「子どもをたばこの煙から守る東京にする」と強調し、家庭内や公園や通学路、子どもが同乗する自動車の中などで喫煙を制限し、一部で罰則を設けることも検討する。

 記者会見した小池知事は「国の法整備を見守るだけでは時間ばかりが過ぎていく。真に効果がある方法を見いだしたい」と語った。