英当局、テロ組織網との関係捜査 爆発物捜索も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 サルマン・アベディ容疑者(AP=共同)

 【ロンドン共同】英中部マンチェスターの自爆テロで、英捜査当局は25日までに家宅捜索を次々と実施、実行犯のサルマン・アベディ容疑者(22)がブリュッセルやパリのテロ容疑者を含め、欧州や北アフリカのテロ組織のネットワークとつながっていた可能性があるとみて捜査を本格化させた。AP通信が伝えた。

 当局は、アベディ容疑者が使用した爆弾の製造には一定の専門的な知識が必要とみて、共犯者の捜査を継続。ニュースサイト、インディペンデントによると、テロのために準備されたとみられる爆発物を発見し、1個を爆破処理した。他にも爆発物が見つかる可能性があるとしている。