防衛省の統幕長、政治的意図否定 憲法9条改正巡る発言で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する防衛省の河野克俊統合幕僚長=25日午後、防衛省

 防衛省の河野克俊統合幕僚長は25日の記者会見で、憲法への自衛隊明記を「一自衛官としてありがたい」とした自身の発言について「記者の質問に個人的な感想を述べた。全く政治的な意図はない」と釈明した。

 一自衛官としての憲法尊重擁護義務への見解や、今後も公の場で個人的考えを述べるのかも問われたが「一切政治的な意図はない。これ以上のコメントは差し控える」と述べるにとどめた。

 野党から公務員の憲法尊重擁護義務に違反するなどとして問題視する声が上がる一方、菅義偉官房長官や稲田朋美防衛相は「問題ない」との見解を示していた。