トランプ氏、応分負担要求 NATO首脳会議

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 25日、ブリュッセルでのNATO首脳会議を前に、各国首脳らと並んで立つトランプ米大統領(左)とドイツのメルケル首相(右)(ロイター=共同)

 【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)は25日、ブリュッセルの本部で首脳会議を開いた。初めて出席したトランプ米大統領は「NATOは世界の安全と平和を促進してきた」とNATOの歴史的役割を評価した上で、各国に国防支出の応分負担を要求。団結してテロやロシアの脅威に立ち向かわなければならないと訴えた。

 首脳会議は、国防支出の増額や、過激派組織「イスラム国」(IS)掃討などテロ対策へのNATOの関与強化で合意する見込み。

 トランプ氏はこれに先立ち、フランスのマクロン大統領や欧州連合(EU)首脳と会談した。