テニス、錦織は逆転で4強入り ジュネーブOPテニス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 シングルス準々決勝でケビン・アンダーソンを破り、4強入りを決めた錦織圭=ジュネーブ(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】男子テニスのジュネーブ・オープンは25日、ジュネーブで行われ、シングルスの第2シードで世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は準々決勝で世界62位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)に2―6、6―4、7―6で逆転勝ちし、4強入りを決めた。26日の準決勝でミーシャ・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 錦織は3月の右手首故障からの復帰後、クレーコートの2大会で計4試合しか戦えず、四大大会第2戦の全仏オープン(28日開幕・パリ)に向けて同じクレーで実戦の機会を得るために急きょ出場した。