山下泰裕氏が全柔連新会長へ 東京五輪に向け新体制

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 山下泰裕氏

 6月に役員を改選する全日本柔道連盟(全柔連)の次期会長に1984年ロサンゼルス五輪無差別級金メダリストで、全柔連副会長の山下泰裕氏(59)の就任が確実となったことが26日、関係者への取材で分かった。宗岡正二会長(71)の後任として、2020年東京五輪に向けた新体制のかじ取り役を担う。

 全柔連は6月8日の理事会で新理事候補を決定し、同23日の評議員会で承認。直後に新理事による互選で会長を選ぶ。