改正民法が成立 契約のルール明確化

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 改正民法を可決、成立した参院本会議=26日午前

 インターネット通販や生命保険などの契約ルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した。企業側が消費者に示す契約条項(約款)が無効となる基準を示すことが柱で、契約分野の大幅な見直しは明治時代の民法制定以降初めて。改正項目は約200に及び、周知のため施行日は公布から3年以内とした。

 現行民法に約款に関する規定はなく、解釈の違いから企業と消費者がトラブルになることも多い。改正案は約款に合意すれば内容を理解していなくても契約が成立すると定める一方、一方的に客の不利益となる内容は無効とする。