森友系列園土地差し押さえ 旧国有地取得税滞り、大阪府

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 大阪市の学校法人「森友学園」が、小学校用地として大阪府豊中市の旧国有地を購入した際の不動産取得税(大阪府税)を滞納し、所有する系列保育園の土地を府に差し押さえられたことが26日、不動産登記簿や関係者への取材で分かった。差し押さえは今月2日付。

 地方税法では、学校法人が学校用地として使う場合は、土地取得に税金はかからない。関係者によると、学園が3月に小学校の設置認可申請を取り下げたため課税対象となったとみられる。

 大阪府は「個別の滞納情報に関しては答えられない」としている。