沖縄知事、辺野古工事批判 対抗策の時期は明言避ける

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記者会見する沖縄県の翁長雄志知事=26日午前、沖縄県庁

 沖縄県の翁長雄志知事は26日、県庁で定例の記者会見を開いた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に向けて政府が埋め立て工事に着手して25日で1カ月が経過したことに関し「なりふり構わず、既成事実をつくろうと躍起になっている」と批判した。一方、工事を止めるために新たな対抗策を行使する時期については明言を避けた。

 翁長氏は、政府が工事で知事の岩礁破砕許可を不要とした根拠を精査した上で、工事差し止め訴訟の提起を検討していくと説明。前知事による埋め立て承認を撤回する処分も「法的な観点から丁寧に検討した上で対応する」と述べた。