トヨタ、社債発行1千億円 20年債など4種類

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 トヨタ自動車が発行する償還までの期間が20年の普通社債などの発行条件が26日、決まった。20年債、10年債、5年債、3年債の4種類で総額1千億円。20年債の利回りは0・651%、発行額は100億円と決めた。

 払込期日は6月2日。10~3年の3種類の社債は利回りが0・220~0・001%で、発行額はいずれも300億円とした。

 日銀のマイナス金利政策で市場金利が低下しており、コストを抑えて長期資金を調達し、次世代車両の研究開発などに充てる。

 トヨタは昨年、18年ぶりとなる20年債を発行。10年債を合わせて計600億円調達した。