吉本新喜劇、初の女性座長 30歳の最年少、酒井藍さん

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 新座長就任公演のポスターを手に笑顔の酒井藍さん=26日午前、大阪市

 吉本新喜劇の座長に、座員でタレントの酒井藍さん(30)が7月26日付で就任することが26日、決まった。酒井さんの所属事務所によると、女性座長は初めてで、30歳は史上最年少という。

 吉本新喜劇の座長は現在、内場勝則さん(56)、小籔千豊さん(43)ら5人で、酒井さんの就任後は6人態勢になる。7月26日から同31日まで新座長就任公演を、「なんばグランド花月」(大阪市中央区)で開催する。

 酒井さんは26日、同市天王寺区の神社を参拝。集まった報道陣に「元気いっぱい、パワーいっぱいはもちろん、お客さんも演じる側も全員が楽しい新喜劇にしたい」と意気込みを語った。