「共謀罪」29日参院審議入り 本会議、安倍首相が出席

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 自民党の松山政司、民進党の榛葉賀津也両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、29日の参院本会議で趣旨説明と質疑を行い、審議入りすることで合意した。30日の参院法務委員会での審議実施も確認した。いずれも安倍晋三首相が出席する。

 榛葉氏は、今国会中に首相が出席する参院予算委員会の集中審議と、党首討論を開催するよう重ねて要求。松山氏は改めて「前向きに考える」と返答し、外遊中の首相の帰国後に調整に入る意向を伝えた。

 改正案は23日の衆院本会議で可決され、参院に送付された。