原子力規制委員長に更田氏 国会、12機関28人承認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 原子力規制委員会の委員長に就任する更田豊志氏

 衆院は26日の本会議で、原子力規制委員会委員長に更田豊志委員長代理を昇格させるなど、12機関28人の政府人事案を可決した。参院も24日の本会議で同意しており、人事は正式承認された。日銀政策委員会の審議委員には三菱UFJリサーチ&コンサルティングの片岡剛士上席主任研究員と三菱東京UFJ銀行の鈴木人司取締役が就任する。人事院人事官には一宮なほみ氏が再任された。

 更田氏は茨城県出身。2012年の規制委発足時からのメンバーで、14年に委員長代理に就いた。

 安倍政権は、現職の田中俊一委員長の手堅い国会対応を評価して続投を模索したが、健康面などを理由に再任を固辞。