Jリーグ、経営情報を開示 債務超過や3期赤字のクラブなし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 Jリーグは26日、2016年度の各クラブ(3月決算の柏、磐田、YS横浜を除く)の経営情報を開示し、J1とJ2で参加資格を失う債務超過や3期連続赤字のクラブは14年度から3年連続でなかった。

 J1、J2の単年度赤字は仙台、群馬、町田、金沢、京都、讃岐、愛媛、長崎の8クラブ、愛媛は2期連続赤字となった。ライセンス条件が異なるJ3は盛岡が2期連続、福島、鳥取、琉球は単年度赤字。

 営業収入のトップは浦和の66億600万円。クラブW杯準優勝などの賞金を得た鹿島が55億8200万円、市立吹田スタジアムが完成して入場料収入が増加したG大阪が51億4600万円で続いた。