シャープ、4年ぶり黒字へ 純利益590億円を予想

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 シャープの中期経営計画説明会で、質問に答える戴正呉社長=26日午後、堺市

 シャープは26日、2018年3月期の連結純利益が590億円になるとの見通しを発表した。前期は248億円の赤字だった。黒字は4年ぶり。売上高は前期比22・4%増の2兆5100億円を見込む。8Kなど先端技術を使った事業を強化し、売上高拡大による業績改善を目指す。

 同日発表した中期経営計画では、3年後の20年3月期の連結売上高を、17年3月期の約1・6倍の3兆2500億円とする目標を掲げた。液晶パネル事業のてこ入れや、人工知能(AI)やあらゆるものをネットワークでつなぐ「モノのインターネット(IoT)」の技術を盛り込んだ製品の開発を急ぐ。