米大学で泉鏡花作品上演へ 「天守物語」発表100年記念

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 英語歌舞伎舞踊「傀儡師」の一場面=3月(Minh Ngo氏撮影・共同)

 【ロサンゼルス共同】米西部オレゴン州のポートランド州立大学で日本文化を勉強する学生らが今月30、31の両日、泉鏡花の戯曲を基にした歌舞伎「天守物語」と歌舞伎舞踊「傀儡師」を英語で上演する。

 天守物語が発表されてから100年になることを記念しての上演。演出を務めるローレンス・コミンズ教授(65)は「作品に込められた反戦主義や、異界の者と人間の恋というタブーを受け入れるテーマは現在の米社会で特に重要になっている」と強調する。

 天守物語は姫路城の天守に住む魔界の姫がタカを追って迷い込んだ鷹匠と恋に落ちる物語。カナダの泉鏡花研究者が書いた脚本に手を加えた。