サッカー代表初招集の加藤が帰国 「ここからが勝負」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 サッカー日本代表に初招集され、帰国した羽田空港で取材に応じる加藤=26日午後

 サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク戦(6月13日・テヘラン)を控える日本代表に初招集されたMF加藤恒平(ベロエ・スタラザゴラ)が26日、羽田空港に帰国し「素直にうれしいが、ここからが勝負。レベルが高い中でどれだけできるか楽しみ」と意欲的に話した。

 守備力やボール奪取力が持ち味の27歳。J2町田を経て現在はブルガリアでプレーするが、アルゼンチン、モンテネグロ、ポーランドで経験を積んだ異色の経歴を持つ。「自分が代表に入ることで、日本で仮に駄目でも海外でサッカーをする選択肢を他の人にも持ってもらえたら」と言う。