北朝鮮問題、日米連携を確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 会談を前に握手する安倍首相(左)とトランプ米大統領=26日、イタリア南部シチリア島タオルミナ(代表撮影・共同)

 【タオルミナ共同】安倍晋三首相は26日午前(日本時間同日午後)、トランプ米大統領とイタリア南部シチリア島タオルミナで会談した。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の問題に関し、トランプ氏は「世界的な問題だ。いつかは間違いなく解決される」と述べた。両首脳は、今は対話ではなく北朝鮮に圧力をかけることが必要だとして日米の連携を確認した。「自由で公正な貿易」の重要性でも一致した。

 日米はサミットに先立つ首脳会談で、強固な同盟をアピールした形だ。

 両首脳は、北朝鮮の非核化実現を目指して日米韓3カ国で結束し、全ての国々と協力することで合意した。