エジプトで襲撃、28人死亡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 26日、エジプト中部ミニヤ県で起きたバス襲撃現場近くに立つ治安当局者(ロイター=共同)

 【カイロ共同】エジプト中部ミニヤ県で26日午前、キリスト教の一派コプト教徒が乗ったバスが襲撃された。地元当局によると、少なくとも28人が死亡、20人以上が負傷した。バスは教会に向かう途中で、多数の子どもが巻き込まれたとの情報もあり、当局は確認を急いでいる。現場は首都カイロの南約220キロ。

 地元メディアなどによると、犯行グループは10人ほどで、車3台に乗ってバスを銃撃、戦闘服やマスクを身に着けていた。

 エジプトではイスラム教のラマダン(断食月)を目前にし、テロへの懸念が高まっていた。