羽生、来季のSPを初披露 宇野らとアイスショー出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 「ファンタジー・オン・アイス 2017」に出演した羽生結弦=幕張メッセ

 フィギュアスケート男子で世界選手権王者の羽生結弦(ANA)が26日、千葉市の幕張メッセで始まったアイスショーに出演し、冬季五輪連覇に挑む来季のショートプログラム(SP)に使用するショパンのピアノ曲「バラード第1番」を初披露した。

 冒頭の4回転ループで回転が抜けたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や演技後半に4回転―3回転の2連続トーループを決め「納得できる演技は全然できていないが、楽しんで滑れた」とフィナーレで観客にあいさつした。

 世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)も来季のSPの演目に決めたビバルディの「四季」の「冬」を滑った。