G7でトランプ夫妻"別格"扱い 「安全上の理由」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 記念撮影前、イタリアのジェンティローニ首相(左)の出迎えを受けるトランプ米大統領=26日、イタリア南部シチリア島タオルミナ(代表撮影・共同)

 【タオルミナ共同】イタリア南部シチリア島タオルミナで26日開幕した先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)では、トランプ米大統領夫妻の"別格扱い"が目立つ。歓迎式典ではトランプ氏は警備員に囲まれながら最後に遅れて登場。メラニア夫人も安全上の理由で他の参加国の配偶者と一部、別行動だった。

 歓迎式典で、議長国イタリアのジェンティローニ首相は安倍晋三首相やドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領らを笑顔で出迎えた。だが、初参加のトランプ氏は各国首脳らを待たせ、物々しい警備体制の中、最後に会場入り。式典開始が約10分遅れ、「無礼だ」と報じるメディアもあった。