最高齢、21歳の雄トキが繁殖 人間では80歳、新潟・佐渡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 21歳で繁殖に成功した雄トキ友友=26日、新潟県佐渡市(佐渡トキ保護センター提供)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターは27日、21歳の雄トキ友友と雌のペアから、ひなが生まれたことを明らかにした。国内の人工繁殖では最高齢で、人間では80歳に相当するという。

 同センターによると、友友とペアになっている8歳の雌が4月上旬に産卵、5月5日にひなが産まれているのを確認した。これまで雄の最高齢の繁殖は18歳だった。友友のひな誕生も3年ぶりという。

 友友は、同い年の雌の洋洋とともに1999年に中国から贈られ、同年に国内初の人工繁殖に成功した。最近は元気がない時期もあったが、栄養価の高い飼料を与えたことで元気を取り戻したという。