首脳宣言「保護主義と闘う」明記

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 拡大会合を終え、記念写真に納まる安倍首相(中列中央)ら各国首脳。(前列左から)トランプ米大統領、イタリアのジェンティローニ首相、フランスのマクロン大統領=27日、イタリア南部シチリア島タオルミナ(共同)

 【タオルミナ共同】イタリア南部シチリア島タオルミナで開かれていた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は27日午後(日本時間同日夜)閉幕し、首脳宣言を発表した。反保護主義については、文言の記述に否定的だったトランプ米大統領が譲歩し「自由な市場を維持し、保護主義と闘う」と明記。ただ地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の在り方を巡っては合意に至らず、米を抜いた6カ国と欧州連合(EU)で「速やかな実行」を目指すと盛り込んだ。

 重要議題で足並みが乱れるのは異例で、G7の弱体化が進み、発信力がさらに弱まりそうだ。