重量挙げ安藤4連覇、山本日本新 全日本第2日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 女子58キロ級 ジャークで日本新記録を挙げる安藤美希子=栃木県立県南体育館

 重量挙げの全日本選手権第2日は27日、栃木県小山市の栃木県立県南体育館で男女計5階級が行われ、女子58キロ級はリオデジャネイロ五輪5位の安藤美希子(キュアリアス)がスナッチで90キロ、ジャークは日本新記録の125キロを挙げ、トータル215キロで4年連続6度目の優勝を果たした。

 男子は85キロ級で山本俊樹(ALSOK)がスナッチ158キロ、ジャーク202キロ、トータル360キロと全ての日本記録を更新して2連覇し、77キロ級を含めて4度目の日本一となった。77キロ級は笠井武広(ALSOK)が制し、94キロ級は屋良一郎(沖縄国際大)が初優勝した。