2百、桐生20秒79で準決勝へ 関東学生陸上第3日

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 男子200メートル予選 20秒79でゴールする桐生祥秀=日産スタジアム

 陸上の関東学生対校選手権第3日は27日、横浜市の日産スタジアムで行われ、男子200メートル予選で100メートルとの2冠を狙う桐生祥秀(東洋大)は追い風1・3メートルの条件下、20秒79の5組1着で通過した。28日に準決勝、決勝が行われる。

 男子の棒高跳びは来間弘樹(順大)が5メートル55の大会新記録で2連覇を達成し、日大1年の江島雅紀が5メートル50で2位となった。走り高跳びは中島大輔(日大)が2メートル16で、1万メートル競歩は及川文隆(東洋大)が40分57秒36で優勝。女子ハンマー投げは関口清乃(筑波大)が59メートル56で制した。