中央銀行の存在「格段に大きく」 市場分析課題と日銀・黒田総裁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日銀の黒田東彦総裁は27日、東京都内で講演した。日銀などが近年進めてきた大規模な金融緩和策により、中央銀行の金融市場での存在感が「格段に大きくなった」と指摘。さまざまな経済主体の行動や予想を織り込んで決まる市場価格の分析に当たり「新たな課題をもたらしている」との認識を示した。

 リーマン・ショック後に欧米の中央銀行は国債や社債などを大量に買い入れる緩和策を実施。日銀もデフレ脱却を目指し、長期金利を0%程度に抑えようと国債を購入している。ただ、市場では大規模な緩和が国債などの価格形成をゆがめたとの声も上がる。