シャープ、東証1部復帰申請へ 6月末に、戴社長

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 シャープ本社=26日午後、堺市

 【台北共同】シャープの戴正呉社長は27日、現在の東京証券取引所2部から1部への復帰へ向けて6月末に申請手続きを行うと明らかにした。台湾の中央通信社が伝えた。来年3月までの復帰を目指す。

 戴社長はシャープの台湾支社を7月に設立する考えも示した。台北市内で報道陣の取材に答えた。

 戴社長は昨年8月の就任以降の構造改革により1千億円余りのコスト削減を実行して2016年度下半期は黒字化を達成したとし、主要銀行からの支持を得ていると強調した。

 シャープは昨年8月に東証1部から2部に降格となっていた。