桂ざこばさんが脳梗塞で入院 1カ月以上の加療が必要

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 落語家の桂ざこばさん

 落語家の桂ざこばさん(69)が塞栓性脳梗塞などと診断され、大阪市内の病院に入院したと、所属事務所が28日発表した。舞台やテレビのレギュラー番組、落語会などは当面、出演を見合わせる。

 事務所によると、ざこばさんは27日、6月1日から始まる大阪松竹座(同市中央区)の公演「銀二貫」の稽古に向かう途中、体調が悪化。病院で検査した結果、脳梗塞に加え、左中大脳動脈閉塞症と診断された。1カ月以上の入院加療が必要という。

 ざこばさんは1963年に故桂米朝さんに入門し、88年に「ざこば」を襲名した。2016年度芸術選奨の文部科学大臣賞を受賞した。