U―20W杯日本、控え組が練習 30日に決勝トーナメント1回戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 イタリア戦から一夜明け、調整する久保(手前)と三好=天安(共同)

 【天安(韓国)共同】サッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会で、1次リーグD組3位となり16強入りした日本は28日、前日のイタリア戦で控えだった坂井(大分)や15歳の久保(FC東京ユース)らが天安で練習し、1対1の仕掛けなどで汗を流した。30日の決勝トーナメント1回戦でB組1位のベネズエラと対戦する。

 イタリア戦の終盤は互いに引き分けを狙って無理をせず、日本は一人も選手を交代しなかった。3試合目で初めて出場機会がなかった久保は「次はフレッシュな状態で迎えられる。ここからは悔いが残らないよう、チャンスがあれば全力で戦いたい」と話した。