バスケ、横浜が広島退け1部残留 Bリーグ入れ替え戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 バスケットボール男子のBリーグは28日、東京・国立代々木競技場で入れ替え戦が行われ、1部(B1)の横浜が74―53で2部(B2)の広島を退けて残留を決めた。

 横浜は序盤からウォッシュバーンがゴール下で奮闘して主導権を握った。30―26で迎えた第3クオーターに竹田の連続得点などでリードを広げ、その後も着実に加点した。広島は第1クオーターが8得点に終わるなど攻撃が停滞し、最後までリズムをつかめなかった。

 来季はB2から西宮、島根がB1に昇格、B1から秋田、仙台がB2に降格する。