カンヌ最高賞「スクエア」 河瀬監督作は受賞逃す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 第70回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門の最高賞パルムドールに輝いた「スクエア」のリューベン・オストルンド監督=28日、フランス・カンヌ(ロイター=共同)

 【カンヌ共同】第70回カンヌ国際映画祭の授賞式が28日夜(日本時間29日未明)、フランスのカンヌで開かれ、コンペティション部門の最高賞パルムドールに、スウェーデンのリューベン・オストルンド監督の「スクエア」が選ばれた。河瀬直美監督の「光」は受賞を逃した。

 「スクエア」は、現代芸術のキュレーターの男性に起こるトラブルを通し、他者への無関心や対話の欠落などをユーモアたっぷりに表現した。

 審査員特別大賞(グランプリ)は、エイズウイルス(HIV)感染者らを支援する団体の活動を描いたロバン・カンピヨ監督の「BPM(ビーツ・パー・ミニット)」が受賞した。