元WBA王者・河野が再起へ 「気持ちまだ残る」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 再起へ向け、記者会見した元WBAスーパーフライ級王者の河野公平(左)と渡辺均会長=29日、東京都品川区のワタナベジム

 元世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級王者の河野公平(36)=ワタナベ=が29日、東京都内のジムで記者会見し「気持ちがまだ残っている。世界1位と闘えることで気持ちも盛り上がる」と再起への思いを語った。7月にも国内で復帰戦を行い、10月7日に世界ボクシング機構(WBO)同級1位のレックス・ツォーと敵地香港で闘う予定。

 河野は昨年8月にWBA王座から陥落し、12月にWBO同級王者の井上尚弥(大橋)に6回TKOで敗れた。人気のあるツォーとの試合が舞い込んだことで闘志が再燃。年齢の壁にも「30歳の時よりいいし、今が一番いい状態」と自信を見せた。