グーグルが日本語対話AI スマホで検索、音楽再生

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 米IT大手グーグルの日本法人は29日、スマートフォンに話し掛けると検索や音楽の再生、スケジュール管理などができる対話型の人工知能(AI)サービス「グーグルアシスタント」の日本語版の提供を始めたと発表した。英語版に続く2カ国語目で、まずは基本ソフト(OS)「アンドロイド」を採用したスマホ向けに順次提供する。

 音声による操作は、あらゆるものがネットワークにつながる「モノのインターネット(IoT)」の普及の鍵を握ると言われ、世界のIT各社が注力している。国内ではヤフーやNTTドコモも研究開発を進めており、先行する米アマゾン・コムなどの追い上げを狙う。