中3自殺で調査委解散要求、茨城

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 申し入れ書を提出後、記者会見する中島菜保子さんの父考宜さんと母淳子さん=29日午後、文科省

 2015年11月に「いじめられたくない」と日記に残して自殺した茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=の両親が29日、文部科学省を訪れ、原因を調べるために市教育委員会が設けた第三者調査委員会は中立性や遺族への配慮を欠いているとして、調査中止と解散を求める申し入れ書を提出した。

 両親の代理人弁護士によると、市教委は昨年3月に第三者委の設置を決めたが、市教委の臨時会はこの時点で既に、いじめ防止対策推進法で規定され、子どもの心身に大きな被害があったとする「重大事態」に該当しないと議決していた。