宮崎監督の引退発言巡りフジ謝罪 「真偽確認してなかった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 フジテレビは29日、28日放送の情報バラエティー番組「ワイドナショー」でスタジオジブリの宮崎駿監督が過去に行った引退宣言として紹介した内容が、本人の発言ではなかったとして「真偽を確認しないまま放送に至り、宮崎駿氏ならびに関係者の皆さま、視聴者の皆さまにご迷惑をおかけした」と番組の公式サイトで謝罪した。

 番組では宮崎監督が過去に「人生で最高に引退したい気分」などと発言し、引退宣言を7回したと紹介。放送後にネット上などで「ネタで創作されたツイートの引用では」といった指摘が相次いでいた。