がんゲノム医療の計画了承 産学官連携で厚労省

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 厚生労働省は29日、がん患者の遺伝情報に応じた「がんゲノム医療」を全国展開するための実行計画を専門家会議に報告し、大筋で了承された。本年度中に選ぶ7カ所程度の「中核拠点病院」を中心に、大学や研究機関、民間企業も合わせて推進する構想。近く塩崎恭久厚労相に報告し、予算措置を検討する。

 がんゲノム医療は、がんの原因となった遺伝子の変異を調べ、遺伝子に合った治療法を選ぶ。

 中核病院については、厚労省の検討会で今後、指定に必要な具体的な要件を設定。中核病院の支援の下、数年かけて段階的に全ての都道府県でゲノム医療が実施できるようにする。