新卒採用審査にAI導入へ ソフトバンク、時間短縮に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 ソフトバンクは29日、新卒採用のエントリーシートの審査に、IBMの人工知能(AI)「ワトソン」を導入すると発表した。ワトソンのシステムに書類を読ませ審査させる。時間はこれまでの4分の1程度に短縮できる見込みだ。

 ソフトバンクの書類審査は記述式で、「自身の強みを発揮したエピソード」を尋ねる設問の答えをAIに審査させる。ワトソンには過去に応募した約1500人分の書類データを与え、高い評価を得たものを学習させることで、適切な判断が可能になるという。

 AI審査を通過しなかった書類については人があらためて目を通し、ミスがないか確認する。書類審査の後は面接もある。