こども保険の検討加速指示 首相が自民政調会長に

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 安倍晋三首相は29日、自民党の茂木敏充政調会長と小泉進次郎農林部会長と官邸で会い、幼児教育の実質無償化に向けた「こども保険」に関する提言の中間取りまとめを受け取った。首相は「安定財源について責任を持って議論するのはいいことだ。検討を進めてほしい」と述べ、党内議論を加速するよう指示した。

 こども保険は少子化対策として、企業や勤労者から保険料を集め、子育て世帯に分配する構想。中間取りまとめは茂木氏が委員長、小泉氏が事務局長を務める党特命委員会が策定した。