仏ロ首脳、関係改善で一致

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 29日、パリ郊外のベルサイユ宮殿でロシアのプーチン大統領(右)を迎えるフランスのマクロン大統領(AP=共同)

 【パリ共同】フランスのマクロン大統領はパリ郊外のベルサイユ宮殿で29日、ロシアのプーチン大統領と初めて会談した。両者は、シリア、ウクライナ問題などを巡る隔たりが大きいことを認めつつ、「実利的かつ直接的な対話」を重ねると表明、冷却化した関係を改善する考えで一致した。

 会談後の記者会見でマクロン氏は「世界の主要な問題は、全てロシアとの対話なしに解決できない」と強調し、プーチン氏も「建設的な議論を歓迎する」と応じた。

 両首脳は帝政ロシアのピョートル1世(大帝)のフランス訪問から300年を記念し同宮殿で開く展覧会を視察した。