富山市長に返還要求を勧告へ 政活費問題で監査委

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 富山市議会の政務活動費不正問題で、市監査委員が、新たに100万円超の返還を市議会側に求めるよう、市長に勧告する方針を固めたことが29日、関係者への取材で分かった。30日に勧告する。

 一連の問題では自民党、民進党系の2会派が4千万円以上を市に返還しているが、新たに複数の会派で不当な支出が見つかったという。

 NPO法人「市民オンブズ富山」が3月、自民、民進など5会派に新たに総額1千万円超の不当な支出があるとして、住民監査請求していた。