K・ミツォタキス氏死去 ギリシャ元首相

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 死去したギリシャ元首相のコンスタンティノス・ミツォタキス氏(ロイター=共同)

 コンスタンティノス・ミツォタキス氏(ギリシャ元首相)ギリシャ主要メディアによると、29日、首都アテネで死去、98歳。老衰とみられ、家族が「家族に見守られ、息を引き取った」との声明を発表したという。

 18年、同国南部クレタ島生まれ。政治家一家に育ち、28歳で国会議員に初当選。67年の軍事クーデターで逮捕され、亡命生活を送った。

 軍事政権崩壊後に帰国し、保守政党の新民主主義党(ND)を結成。84年にNDの党首に選出され、90~93年に首相を務めた。

 息子のキリアコス・ミツォタキス氏は、現在野党のND党首を務める。(ローマ共同)