カナダ首相、法王と会談 先住民の人権問題で意見交換

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 法王フランシスコ(右)と面会したカナダのトルドー首相(左)=29日、バチカン(AP=共同)

 【ローマ共同】イタリアを訪問中のカナダのトルドー首相は29日、ローマ法王庁(バチカン)を訪れ、法王フランシスコと会談した。バチカンによると、イタリア・タオルミナで開催された先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で議論された内容や、カナダの先住民の人権問題などについて意見交換した。

 26~27日のサミットで、トランプ米大統領は「米国第一」主義を主張し、気候変動問題などを巡り他の6カ国と対立。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の在り方について合意できなかった。