橋下氏が維新の政策顧問退任へ 5月末で、「公平性保つ」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 橋下徹氏

 日本維新の会の法律政策顧問を務める橋下徹前大阪市長が、5月末で党の政策顧問を退任することが30日、関係者への取材で分かった。政界引退後はテレビ出演や各地での講演を中心に活動しており、理由について「維新と一線を画して公平性を保つため」としているという。

 橋下氏は2008年、大阪府知事に初当選。その後、地域政党「大阪維新の会」を立ち上げ、代表に就任した。11年からは大阪市長も務めたが、「大阪都構想」が住民投票で否決され、任期満了の15年12月に政界を退いた。