パナ、家電の営業利益12%増へ 17年度事業方針

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 パナソニックは30日、東京都内で2017年度の事業方針説明会を開いた。家電が中心の社内分社「アプライアンス社」の営業利益を、成長性の高い事業への投資や製品の高級化を進めることで、前期比12%増とする目標を掲げた。

 家電分野では、液晶や次世代パネル「有機EL」を使って国内で発売するテレビの高画質化や、デザイン性を高める取り組みを進める。業務用ではスーパーマーケット向けの冷蔵庫など、成長が見込める分野の販売体制や投資を強化する方針。

 アプライアンス社の本間社長は「収益性や成長性で、業界水準に比べてまだ見劣りがする。成長事業に重点的に投資していく」と説明した。