米紙記者、佐藤選手に差別的投稿 自動車のインディ優勝で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 インディ500恒例の優勝セレモニーで牛乳を飲み干す佐藤琢磨=28日、インディアナポリス(USA TODAY・ロイター=共同)

 【セントルイス共同】米国伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイル(インディ500)で佐藤琢磨選手(ホンダ)が初優勝したことについて「日本人ドライバーがインディ500で勝利するのは本当に気分が悪い」との意見をインターネットで表明した米紙の記者が29日、失職した。

 デンバー・ポスト紙で運動記事を執筆していたテリー・フライ氏はツイッターに意見を投稿。同紙は「無礼で容認しがたいつぶやきを謝罪する。フライはもう当社の社員ではない。あの投稿は当社の立場を表したものではない」との声明を発表した。

 フライ氏は投稿を取り消し、同紙と佐藤選手への謝罪を表明した。