ヨドバシへの違約金認めず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 名古屋駅前に4月に開業した超高層ビル「JRゲートタワー」に出店する計画だったのに、建設が遅れ、計画変更を余儀なくされたとして、家電量販店ヨドバシカメラがビルを管理するJR東海子会社の管理会社に違約金と既に支払った予約金計約16億6千万円の支払いを求めた訴訟で、名古屋地裁は30日、請求を棄却した。

 ヨドバシ側は契約書に「2016年春に開業予定」と記されており、開業時期について合意があったと主張したが、加島滋人裁判長は「完成時期を正確に予測することは困難だった」と指摘。「契約書でも『予定』という文言が使われ、時期に関する合意はなかった」と結論付けた。