大学野球代表27校が出そろう 初出場は岐阜経大など2校

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第66回全日本大学野球選手権(6月5~11日・神宮球場、東京ドーム)に出場する代表27校が30日、東北福祉大(仙台六大学)を最後に出そろった。初出場は岐阜経大(東海)和歌山大(近畿)の2校で、立大(東京六大学)は51年ぶりの出場。最多出場は福井工大(北陸)の40度目。

 組み合わせは既に決まっており、立大など5チームがシードされて2回戦から登場する。