auが自宅見守りサービス スマホ利用、7月から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
 自宅見守りサービスを発表したKDDIの説明会で映し出されたモニター=30日、東京都港区

 KDDI(au)は30日、スマートフォンを利用して玄関の施錠や子どもの帰宅を確認できる自宅の見守りサービスを7月下旬から提供すると発表した。基本料金は月額529円で、別売りのセンサーやカメラを室内に設置して利用する。

 サービスの名称は「au HOME」で、KDDIのインターネット接続サービスの利用者が対象。センサーが施錠や窓の開閉の状況を感知し、カメラとスマホを接続して会話もできる。センサーは性能によって値段が異なり、1台3240円から。カメラは1台1万1664円。